大谷、レッドソックス戦で2回3失点で降板(動画と海外の反応など、4月18日)

野球の反応イメージ

2018年4月18日からは強豪のRソックスとの対戦。好調のエンゼルスでしたが大谷が3回2失点で降板。初回先頭打者にホームランを打たれるなどしました。2回3失点で降板。

とにかくコントロールが悪かった印象。とは言え打たれたイメージはほとんどありません。初回のホームランはうまく打たれたけど(というかあれをホームランにするとは凄い)、それ以外は抑えていたという印象です。

打たれた動画はこちらで確認ください。

豆ができたので2回に降板したのですがそれはまあ仕方がないかなと。

Rソックスはとにかく待ちに徹していた印象。追い込まれてもいいので振らない。そして2ストライクになってからは粘る。野茂さんの時のような感じですね。打てないから自滅を待つみたいな。ちょっと卑怯な感じもするけど勝負だから仕方がない。

大谷のコントロールが悪いこともあってRソックスの作戦にすっかりはまってしまった感じです。

海外の反応は以下の通り。

「残念で仕方がない」

「変化球のコントロールが悪すぎた」

「運にも見放された。ポテンヒットとか、、、」

「豆ができて厳しかったようだ」

「大谷も普通の人間だったらしい」

「豆ができたときの微調整は難しいらしいね」

「レッドソックス強すぎ、反則」

「彼にとっては試練だね。でも成長のために必要なんだ」

 

大谷さん、今回は厳しかったけど次は頑張ってほしいところです。

大谷さんの最新成績はこちら⇒大谷翔平(エンゼルス)の成績2018

海外の反応全般はこちら⇒海外の反応最新アンテナまとめ


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。