大谷翔平、メジャーで初のDH2番でライト前ヒット(海外の反応、動画など)

打者大谷

2018年5月16日(現地時間5月15日)アストロズ戦で大谷翔平さんがメジャーで初のDH2番を打つことになりました。2番というと日本では地味なつなぎ役のイメージですがメジャーではエンゼルスのトラウトに代表されるようにチーム一の強打者が打つことが多い打席です。

大谷翔平さんの打率は規定打席に達していないもののチームではトップクラス。その打撃が高く評価されているからこその2番でしょう。基本的には1番のコザートが休養したために組んだ打線でしたが概ね好評のようです。海外の反応などを見ていきましょう。

<大谷翔平の2021年動画集>
2021年のホームラン動画⇒大谷翔平のホームラン動画一覧(2021年)
2021年の投球動画⇒大谷翔平の投球、ピッチング動画や成績まとめ(2021年)
2021年の盗塁、好走塁動画⇒大谷翔平の盗塁や好走塁の動画一覧(2021年)
2021年のエピソード、記録動画⇒大谷大谷翔平のエピソード2021年まとめ

<大谷翔平の2021年海外の反応>
2021年の海外の反応はこちら⇒大谷翔平の海外の反応2021

<大谷翔平の成績速報2021年>
2021年の成績はこちら⇒大谷翔平の成績速報2021
(打率、打点、本塁打などのランキングもチェック中)
(大谷翔平の出場・次回登板予定、放送予定⇒大谷翔平の出場・次回登板予定、テレビ放送予定

スポンサーリンク

大谷翔平・2番に入ったラインナップの画像

2018年5月16日(現地時間5月15日)アストロズ戦で大谷翔平さんがメジャーで初のDH2番。

大谷翔平2番

1(中)トラウト
2(指)大谷翔平
3(左)アップトン
4(一)プホルス
5(遊)シモンズ
6(三)バルブエナ
7(二)キンズラー
8(右)カルフーン
9(捕)リベラ

 

大谷翔平のライト前ヒットや審判をKOしてしまった打席の動画

こちらは大谷翔平さんの打席のハイライト映像です。三振、サードフライ、ライト前ヒット、セカンドゴロという結果でした。

(追記:すいません。動画は削除されていました)

 

大谷翔平・2番に対する海外の反応など(ライト前ヒットも含めて)

大谷翔平さんが2番を打つことやライト前ヒットを打った時の海外の反応は以下の通りです。

「トラウトから大谷の流れがいいね」

「この打線はエキサイティングだ」

「トラタニ!」

「これは監督のいい仕事だね」

「大谷翔平は3番がいいのでは?」

「トラウト、大谷、トラウト、大谷、、、の打順が見たい」

「この打順はおもしろい」

「コールは凄いからこのぐらいの打線が必要だ」

「大谷に2番でホームランを売って欲しい」

「ライト前ヒット!でもトラウトがアウトで残念」

「コールからヒットを打つってやっぱり大谷は本物だ!」

「相手がエースであっても大谷ならヒット打って当たり前だと感じる」

「もはや大谷がヒットを打っても誰も驚かない」

 

2018年5月16日アストロズ戦(現地5月15日)の打者大谷

2018年5月16日アストロズ戦では球界を代表する投手コールとの対戦となりました。ストレートもスライダーの一級品ということで大谷もバットに当てるのが必死という感じでしたが第三打席でヒットを打っています。

<大谷・DH2番>
1回裏ノーアウトランナー1塁で空振り三振
・3回裏ツーアウトランナー無しでサードへのファイルフライ(その前に主審をファールボールでKOしてしまった)
・5回裏ツーアウトランナー1塁でライト前ヒット!しかし1塁のトラウトは3塁で刺される
・8回裏ワンアウトランナー無しでセカンドゴロ
・通算トータル73打数25安打、5ホームラン、16打点、打率.342

相手がエース級の投手であったとしても最近は打っても当たり前という雰囲気が出てきました。本当に凄いことです。

その後の試合結果はこちら⇒大谷翔平(エンゼルス)の成績速報2018

その他の動画や海外の反応はこちら⇒大谷翔平に対する海外の反応、動画など

DAZNでリアルタイムにチェック⇒DAZNで大谷翔平をチェック(今なら初回1ヶ月無料)


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。