大谷翔平、アストロズ戦5回1/3を4失点7奪三振(海外の反応や動画、4月25日)

野球の反応イメージ

大谷翔平、アストロズ戦5回1/3を4失点7奪三振の内容でした。

6回に4対3の一点リード、1アウト1塁の場面で降板したのですが後続のピッチャーがホームランを打たれて4-5と逆転されて勝投手の権利が無くなってしまいました。がっくり。

やはりまだ変化球の制球も今ひとつでファーボールが多いことが難点ですが全体的には悪くなかったと思います。残念なのは5回裏の2ランホームランですね。あれが無かったら6回までは投げることになっていたと思うので。

 

(大谷翔平の出場・次回登板予定、放送予定⇒大谷翔平の出場・次回登板予定、テレビ放送予定

スポンサーリンク

大谷翔平、ホームランを打たれた時の動画と海外の反応

海外の反応は以下の通り。

「やられた」

「ファーボールの後、不用意にストライクを取りに行った感じかな」

「大谷ここから抑えよう」

 

大谷翔平、100マイル以上を連発の動画と海外の反応

「どこまで速い球を投げるんだよ!」

「目が付いていかないよ」

「回を追うごとに早くなる。怪物だ」

「次は105マイルか?」

 

大谷翔平、降板時直前の三振を奪った時の動画と海外の反応

降板時直前の6回、先頭打者にファーボールを出した後に三振を奪った際の動画はこちら。

海外の反応は以下の通り。

「よく頑張った」

「まだまだよくなる可能性があるね。この先が楽しみ」

「コントロールがもう少し」

 

まとめ

今日もコントロールが今ひとつ。バッターに待たれるときついですね。でも悪いなりに5回1/3を実質3失点なので及第点と言えるでしょう。勝利投手のままで終わって欲しかった。

大谷さんの最新成績はこちら⇒大谷翔平(エンゼルス)の成績2018

海外の反応全般はこちら⇒海外の反応最新アンテナまとめ


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。