髙藤直寿の出身高校、中学など(身長、血液型などもチェック!)

高藤直寿オリンピック金メダル

髙藤直寿がやりましたね!

東京五輪2020第1合の金メダルになります。

髙藤直寿さんは数々の業績をあげていますがオリンピックの金メダルは初めてということで本当に喜ばしいことです。

今回はそんな髙藤直寿さんの身長などの身体的な特徴や出身高校や中学などの経歴をまとめていきます。少しずつ下がって確認ください。


スポンサーリンク

髙藤直寿さんの身長、血液型、生年月日などのプロフィール

髙藤直寿さんの身長や体重、出身高校などのプロフィールは以下の通りです。

名前 髙藤直寿
生年月日 1993年5月30日
身長 160cm
血液型 AB型
(推定)
出身地 埼玉県蓮田市
(4歳から栃木県下野市)
小学校 野木町柔道クラブの所属
中学校 東海大相模中学
(3年時に全国中学校柔道大会で優勝)
高校 東海大相模高校
(世界カデU16で優勝)
(2年時にインターハイ優勝)
(3年時にインターハイ、日本ジュニア、世界ジュニア優勝)
大学 東海大学
(グランドスラム東京、パリなどで優勝)

 

髙藤直寿さんの主な成績

髙藤直寿さんの主な成績は以下の通り。

大会 成績
オリンピック ・リオオリンピック2016銅メダル(60kg級)
・東京オリンピック2020金メダル(60kg級)
世界選手権 ・2013 リオデジャネイロ金メダル(60kg級)
・2014 チェリャビンスク銅メダル(60kg級)
・2017 ブダペスト金メダル(60kg級)
・2018 バクー金メダル(60kg級)

 

髙藤直寿さんの出身小学校、中学校、高校、大学など

髙藤直寿さんは埼玉県蓮田市に生まれましたが4歳から栃木県下野市で育っています。

小学校時代には66kg級世界チャンピオンの海老沼匡も在籍していた野木町柔道クラブの所属となり着実に実力を付けていきました。

中学は東海大相模中学に進学。3年時に全国中学校柔道大会で優勝しています。

高校は東海大相模高校に進学。インターハイ、日本ジュニア、世界ジュニアなどで優勝し実力を発揮していきました。すでに日本の60kg級のエースクラスに成長。

その後は世界選手権、グランドスラムなどで数々の優勝をおさめてきました。

そして東京オリンピックではオリンピックで初の金メダルをとりました。28歳とベテランになるので本当に嬉しかったと思います。

 

まとめ

今回は東京オリンピック2020で日本人第1号の金メダルをとった髙藤直寿さんについてまとめました。

時には問題行動をすることもありましたが着実に実力を付けて東京オリンピック2020で優勝したのは凄かったです。本当におめでとうございます!


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。